慰謝料の額

交通事故の慰謝料の額を決めるものは以下のようになっています。怪我の治療のために必要な通院期間、怪我の治療のために必要となった入院期間、過失割合(交通事故において自分がどれだけ過失があったか、仮に100%の場合には慰謝料を請求することはできません。)、休業損害(交通事故によって会社を休むことになってしまって、給与の損失があった場合の金額)、更には後遺症の有無です

慰謝料の額これらの条件を総合的に判断して(実際にどのくらいの費用が掛かったかについては医療機関から公的に証明してもらう必要があります)、慰謝料の額が決まってきます。仮に保険会社に対して慰謝料の請求をする場合には、保険会社の基準(自賠責保険基準あるいは任意保険基準)に沿って慰謝料の額が決定されることになります。しかしながら、必ずしも保険会社が100%被害者の見方をしてくれるわけではない場合もあります。保険会社としては会社の経営上できるだけ慰謝料(保険金額)の支払いを少なくしたいと思うからです。本来がもらうことができる慰謝料をもらいそびれてしまう可能性は考えておくことが必要です。場合によっては弁護士に相談をして慰謝料の請求を代行してもらった方が良い場合もあります。