交通事故の慰謝料

交通事故に合ってしまった場合に加害者に請求可能なものが慰謝料です。しかしながら、交渉の仕方や請求する側がしっかりと慰謝料について理解をしていないと、受け取ることが可能な慰謝料の額が減ってしまうことになりますので、注意が必要です。交通事故にいつ何時あってしまうかわかりませんので、慰謝料についての基本的な知識を身に着けておくと良いでしょう。

慰謝料慰謝料というと損害賠償の事だと思ってしまう人も多いかもしれませんが、損害賠償は治療費用と入院雑費と休業損害と入通院慰謝料と後遺障害慰謝料(死亡慰謝料)の総額ということになりますので、慰謝料が損害賠償の一部であると理解しておく必要があります。慰謝料は実際に交通事故によって被害を受けた方が受け取ることができるものですが、仮にその方がお亡くなりになっている場合にはその方に対する相続人がそれを受け取ることが可能になります。慰謝料は交通事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対する弁済額ですので、仮に被害者の方が死亡してしまった場合には、その弁済額は非常に大きなものとなって来ます。更には、遺族の方はその方が生きていたら受け取ることが可能であったと推定される金額を加害者に請求することが可能になります。しかしながら、交通事故の責任が自分にある場合には、相手に対して慰謝料を請求することができなくなりますので、その点は注意が必要になります。怪我の治療費は自己負担になってしまいます。続いては、慰謝料の種類について説明します。