慰謝料の種類

交通事故で受け取ることが可能な慰謝料としては、ケガをした場合に必要となる入通院慰謝料、後遺症が残った場合に必要となる後遺症慰謝料と死亡した場合に必要となる死亡慰謝料が考えられます。

入通院慰謝料は被害者の方が骨折などを交通事故によってしてしまい、それによって入通院を余儀なくされた場合に請求することが可能になる慰謝料です。被害者は長期間痛みなどの苦しみを被ることになりますので、それに対しての弁済が必要になります。

慰謝料後遺症慰謝料は交通事故によって後遺障害が残ってしまった場合にそれにたいする弁済のための慰謝料です。後遺障害の程度によって慰謝料の額が決まってきます。

死亡慰謝料は交通事故によって被害者が亡くなってしまった場合に支払われる慰謝料です。この場合には本人に支払われる慰謝料に加えて遺族の方にも慰謝料を支払うことが必要になります。

慰謝料の額は自賠責保険基準、任意保険基準、更には弁護士基準によって決定されます。弁護士基準は弁護士が間に入って慰謝料の額を決めていきますので、被害者にとって一番有利な条件の慰謝料となります。慰謝料の計算において損をしないためにも、弁護士に相談して交渉の代行をしてもらうのは非常に賢い方法であるといえます。続いて、慰謝料の額について説明します。